終了イベント報告

イベント
【讃岐の舎+OMの家】 構造見学会


「讃岐の風土に溶け込む家、小さくとも本物の家、 それを手ごろな価格で。」これを合言葉に動き出し た讃岐の舎プロジェクト。その第一棟目となる今回 の建物は、香川町の田園風景の中にあります。
高知県産の杉を骨組みにし、外は焼き杉、中は土佐の和紙で仕上げます。 内壁・外壁、断熱材、さらには塗料やワックスに いたるまで、できるだけ科学化合製品に頼らず、素材を自然のまま正直に使うことがプロジェクトの重要なテーマのひとつでもあるので、建築の途中段階でデティールを実際に見て触れていただくことはとても大事と考えていました。

おかげさまで2日間で27組の方から「讃岐の舎」の品質について色んな感想をいただくことが出来ました。次回、来年2月に開催予定の同完成見学会で、今度は「讃岐の舎」のデザインや質感について多くの方と言葉を交わせることが今からの楽しみとなりました。

一口メモ
讃岐の舎第2棟目も現在建築中です。今回の建物とはまた違った顔色になります。またお見せできる機会には、改めてご案内させていただきます。

開催日時
平成16年11月27日(土)、11月28日(日)

開催場所
香川県香川郡香川町浅野

建物
「讃岐の舎」タイプ610
OMソーラー仕様


来場者
27組(2日間)

(C)Copyright 2003-2004 sugagumi All right reserved.
戻る