株式会社菅組〜快適で暮らしやすいまちづくり〜
会社情報 リンク集 サイトマップ お問合せ/資料請求
インフォメーション 竣工作品 住まい OMソーラー リフォーム コンサルティング エコロジー アフターサービス
インフォメーション HOME > インフォメーション > 見学会イベント情報 > 終了イベント報告バックナンバー2003 
見学会イベント情報
過去のイベント
住宅展示場
書籍掲載情報
ニュース


2012年見学会イベント報告
2011年見学会イベント報告
2010年見学会イベント報告
2009年見学会イベント報告
2008年見学会イベント報告
2007年見学会イベント報告
2006年見学会イベント報告
2005年見学会イベント報告
2004年見学会イベント報告
2003年見学会イベント報告

住んでいる人に聞きに行こう 「高松モデルハウスOMソーラー」建物見学会 「近くの山の木で建てた家」構造見学会
住んでいる人に聞きに行こう 「四国初開催」OM出来高・優遇金利お客様説明会 「OMソーラー・フォルクスハウス」構造見学会
「近くの山の木で建てた家」建物見学会 「フォルクスハウス」建物見学会 「近くの山の木で建てた家」建物見学会
第3回仲南の杜を見に行くバスツアー 「近くの山の木で建てた家」建物見学会

終了イベント報告

イベント
「住んでいる人に聞きにいこう・OM住まい教室」

■レポート■
先月に引き続き、もうすぐ入居して3年になるM様宅で「OM住まい教室」と題し座談会を開催しました。
当日は曇り空でしたが、それでも室内の温度は最高20℃まで上昇していました。居間に車座になって座り、最初にスタッフ、参加者、オーナー様の順に自己紹介をし、その後、参加者から質問してもらい、オーナー様と当社スタッフが答えるという形式で座談会が進みました。PM2:20頃から室内を自由に見学され、あちこちでオーナー様やスタッフに質問される姿も見受けられ、その後も茶話会となりPM3:30頃に終了しました。


■オーナー様から最初に一言■
ご主人様>今から5年位前に家の勉強をしだして、たまたまOMを菅組さんがしているのを知って、資料を取り寄せ、家族で相談したり、見学会に参加したりして理解を深めていきました。自分で出来ることはしてみたいと思い、楽しみながら家づくりが出来ました。今は快適に過ごしています。休みの日は家でゴロゴロしています。
奥様>以前住んでいた家が暗くて寒かったので、今は快適です。家に居る時間が長くなりました。

■質 問■
質問/夏はどのように過ごしていますか?
ご主人様>
夏はエアコンをつけないですね。我が家は風がよく通るし窓を大きく取っています。夏の日差しを遮る為に、よしずを立てています。田舎なので2階の窓を開け網戸にして扇風機を掛けて寝ています。本来エアコンが嫌いなので・・・
菅組>屋根裏の温度は屋根からの輻射熱の影響が大きいですね。屋根断熱として厚さ10cmのスタイロホームの断熱材が入っていますので普通の家に比べて屋根の断熱はいいと思います。

質問/北側、西側の部屋は暑くないですか?
菅組>
小屋裏に換気があり、強制換気のモードもあります。また北側の屋根も断熱材の上に空気層を設けており、棟の換気で屋根の熱気を抜く構造になっています。

質問/補助暖房の熱源は何ですか?またどれくらい使用しますか?
ご主人様>補助暖房の熱源は灯油ですが補助暖房はほとんど使用しません。風呂と台所での熱源も灯油ですが、それに使用するくらいで、2〜3ケ月に1度給油する時に198リットルの灯油タンクの半分くらいを足すくらいです。夏場はお湯取りをするので、ほとんど減ってないですね。
菅組>補助暖房の費用は設定温度によってかなり違っているようです。

質問/洗濯物がよく乾くと聞きますが?
奥様>
このような天気の日は室内で干しています。よく乾くし嫌な臭いもないですよ。
菅組>2階の南側に洗濯干し場をサンルームのように設けた家もあります。

質問/OMの家は乾燥するそうですが気にならないですか?
ご主人様>冬場、子供室には寝る時に加湿器をつけています。後は風呂から出た時に浴室の湯気を部屋に取り込むくらいですかね(笑)。
奥様>入居当初は、のどが渇きぎみでしたが、今はどうもないですね。

質問/家のためには結露が気になりますが、OMの家はファンヒーターがダメと言われているが?

菅組>OMの場合、冬場やや乾燥ぎみのような気もします。建物としては乾いていたほうがいいと思います。OM協会からは空気が汚れ水蒸気の出る一般のストーブ、ファンヒーターは結露の要因にもなりますので使用禁止になっています。湿度は40%前後までは大丈夫です。30%を下回るのは、あまり好ましくはないので湿度計を置いて調整していただくといいですね。

質問/OMのシステムの耐久性、メンテナンスはどうですか?
ご主人様>
定期的に検査に来てもらっていますが、今のところ問題はないようです。
菅組>屋根、集熱ガラス、ダクトについては壊れるものでないので、あまり心配はいりませんが、機械的部分のハンドリングボックスのファンについては耐久性のこともあり交換が必要です。10年から15年くらいかもしれませんが、しかしその部分のみ交換できます。なお、当社では引渡し後、3ケ月、1年、2年と定期点検を実施しています。ところでMさん、ちゃんと定期点検は来ていますか(笑)?
ご主人様>来ています。
菅組>また2〜3年に一度循環している不凍液の入替え(有料)をお勧めしています。その時に不都合があれば対応しています。

質問/白蟻の対策はどうされていますか?
菅組>
当社として環境面のこともあり土壌処理、木材への防蟻処理を行わないことにしています。薬効は10年くらいしかないので基礎の構造、工法などで対応しています。当社ではベタ基礎のスラブ厚は15cmで、白蟻の侵入を防ぐために基礎の立ち上がりのコンクリート打設を1回で行っています。床下に空気が流れるので木材が乾燥し、湿気を下げることも予防になっています。なお、OM協会ではセントリコンシステムによる白蟻対策を推奨しています。

質問/二世帯住宅とのことですが、親世帯はこちらと比べて温度はどうですか?
ご主人様>
親世帯はフォルクス仕様でOMは付いていないので、こちらよりひんやりしています。フォルクスは気密性が高いので、お客さんが来た時にヒーターをつけると、すぐ温まるようです。両親は昔人間なので、あまり寒さは気にならないようですね(笑)

質問/床のワックスはどのくらいのペースで塗っていますか?
ご主人様>
年末と夏場の2回ほど塗っています。この床の傷は飼っているネコがカリカリと引っかいたもので、今は気にしていません。

質問/音についてはどうですか?
ご主人様>
今のところ上下で生活していないので、そんなに気にはならないですね。子供が大きくなったら気になるかな(笑)?
奥様>下にいて2階で物を落としたらよくわかりますね(笑)。
菅組>音が気になる方には、2階の床を根太組にして遮音材を入れるなどの対策をたてることも可能です。

質問/こうしておいたら良かったと思うところはありますか?
奥様>
そうですね。トイレの位置がLDKのすぐ横にあるので、子供が小さい時はいいけれど、大きくなって居間にお客さんが居る時に恥ずかしくなるかな(笑)?それくらいですね。

質問/階段の石膏の壁はご主人が塗られたと聞いたのですが?
ご主人様>
自分で塗りました。玄関の床の杉をバーナーで焼いたり、デッキの取り付け・塗装も設計士さんに手伝ってもらいながら自分達でしました。楽しみながら出来たのが良かったと思います。

質問/こだわった所はどこですか?
ご主人様>
そうですね。奥さんの場合はキッチンに力を入れていたし、自分の好きな事を出来る範囲で勉強しながら、教えてもらいながら、だいぶ時間を掛けて家づくりに取り組んだことかな?あまり慌ててした感じは無いですね。それといろんな人と会う機会があって楽しかったです。このダクトにケナフの紙を貼っているんですが、設計士さんに紹介されケナフの刈り取り時に参加させてもらったり、紙を漉いたりしてとてもよかったです。

質問/設計上のコンセプトはありますか?
ご主人様>
二世帯住宅を当初から考えていました。生活のパターンが違うので分けるけど、完全に分けるのではなく、お互いに気配を感じ交流できる間取りを考えました。仲良く、気持ちよく生活するために住み分けるといった感じですかね。設計士さんから山陰の方で通路を隔てたプランがあるというので提案してもらった時「おお、いいじゃない」って感じだったです(笑)。
奥様>提案時に設計士さんから「玄関前のポーチから真中のホールを通って居間の前のデッキまでを同じ材料にした川のイメージで、その上のバルコニーが橋のイメージです」と言っていました。設計士さんはその言ったことを忘れているみたいです(笑)。

質問/家を建てようと思ってからどれくらいの期間かかりましたか?
ご主人様>
プランを作成してから着工まで1年くらいですかね。こんなにゆっくりで構わないのかなと思いました(笑)。
奥様>着工してからも階段の所などを変更してもらったりして楽しかったです。入居後もちょくちょく来てくれて、安心して暮らしています。

質問/菅組さんは在来工法のOMの家はありますか?
菅組>
もちろん在来工法のOMの家もあります。今までにOMの家は40棟近く施工していますが、その内24棟がフォルクスAでそれ以外が在来、ツーバイフォー工法のOMです。フォルクスAの風合いが好きな方は、大変気密性、断熱性に優れているフォルクスAにされるようです。OMは構造・工法に関係なく、たとえば鉄筋コンクリートの家にも付けることができます。

菅組>最後になりますが、これからも住まい教室、見学会、セミナーなどを定期的に開催し、その情報をホームページ上で公開します。同じフォルクスAでも間取りが違えば雰囲気も違いますのでぜひご来場ください。
     
奥様>建ててしまったら見学会にはいけないですか(笑)?
菅組>ぜひ気軽に見に来てください。本日はお忙しい中、ご参加いただきましてありがとうございました。


開催日時
平成15年2月23

開催場所
香川県木田郡庵治町/M様宅

建物
フォルクスA/タイプ708(子世帯)+609平屋(親世帯)

来場者
4組(大人8名、子供5名)

このページのTOPへ

(C)Copyright 2003-2004 sugagumi All right reserved.
株式会社 菅組(本社) 〒769-1406 香川県三豊市仁尾町仁尾辛15-1
【TEL】0875-82-2441(代) 【FAX】0875-82-2939 【Email】info@suga-ac.co.jp
高松営業所丸亀営業所観音寺営業所