仁尾の風景
二○一○年 二○一一年 二○一二年
 
七月 八月 九月 十月 十一月 十二月 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月 十一月 十二月 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月


仁尾港・仁尾運河 仁尾港は、鶴と亀の形をした大蔦島、小蔦島により波をさえぎられた天然の良港。 仁尾の港町は戦国時代に細川氏の仁尾城の城下町として栄えた。 江戸時代に入ってからは、塩田開発による塩や米の積出港として、 また、西讃の商工業の中心地として醤油や酒、茶や綿などの 製造販売・取引が盛んに行われ、「仁尾買いもん」と呼ばれるほど 人々が集まり、賑わいを見せていた。
 
| Home | 菅組 |