【お寺の再生 #02】瓦の活かし取り

あるお寺の再生現場よりお届けします。

「瓦の活かし取り」を行っている様子です。
瓦の活かし取りとは、丁寧に取り外した瓦を、再焼きして再利用しるための作業です。

今回は寺紋入りの棟鬼瓦や、龍などの飾り瓦(水板)を再焼きして再利用します。

5部割の大きな鬼瓦や、複雑な形の飾り瓦(水板)が一枚一枚手作業で取り外していきます。

どうぞ、その一部始終をご覧ください。

※YouTubeで2021年6月1日の規約変更から、「収益化していないチャンネルの動画」にも広告が表示されるようになりました。そのため、広告が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。


私たちのつくる建築が
誰かの会いたくなる風景になるとうれしい
讃岐の風景をつくる・・・・
sugagumi


by_USA