インフォメーション

【3月20日(水・春分の日)】「森のある街の風景」をつくるクラス@瀬戸内暮らしの大学 開催のお知らせ

菅組も協賛している「瀬戸内暮らしの大学」は、香川県西讃エリアに拠点を構え、地域内外の19の企業・個人が設立、運営している市民大学です。年齢や居住地に関係なくすべての人が学び続けることができ、また市民自身が生徒にも先生にもなれる、学びとチャレンジの場です。
春の訪れを告げる春分の日に、菅組が生物多様性の保全活動の一環として行っている事業「鎮守の森Project」の植樹活動を、瀬戸内暮らしの大学で実施いたします。なぜ菅組が「鎮守の森Project」を行っているのか?鎮守の森とは?「宮脇式植樹」とは?独自の植樹方法をお伝えします。

人と自然が共生する「小さな森のある街の風景」を一緒につくりましょう!


「森のある街の風景」をつくるクラス@瀬戸内暮らしの大学


日   時:2024年3月20日(水・春分の日)10:00-13:00
キャンパス:暮らしの大学 みとよキャンパス
      香川県三豊市仁尾町仁尾辛35−3

※植樹作業に適した服装。作業用手袋。しゃがんでの作業となりますが体力は要りません。
※小雨決行、悪天行為の場合は延期します(日程未定)
※保護者同伴の上、お子様の参加も可能です。

詳細、お申し込みは暮らしの大学HPから>>