大工の仕事_鉋(かんな)がけ



菅組の大工の鉋がけの様子です。
社寺の柱となるものです。
均等な力をいれて、薄くけずっています。




簡単そうに見えますが、全然そうではありません。
少しでも力加減を間違えると歪んだり、削り過ぎたりします。

機械では生み出すことのできないやさしい手触りや、細かな細工は
人の手でつくられるものならではです。

by_USA