日本民家再生協会(JMRA)季刊誌「民家」

日本民家再生協会(JMRA)の季刊誌「民家」にO邸が掲載されました!(´∇`*o)

→取材風景はこちら♪o(゚ー゚*o)

05.jpg


「減築して明るく 風通しの良い家に」というタイトルで紹介されています!
築130年の民家の「減築」という選択。
改修前のO邸は、増改築を重ねて、使いにくくなってしまった場所や光が遮られてしまった場所、風が通らなくなった部屋があったそうです・・・。

そして、雨漏りをきっかけに新築か改修をしようと考えられました。
まずは、民家の調査をしてからどちらにするか決めようということになったそうです。
結果は「中心がしっかりしている!」とのこと!

菅組から「立派な梁や柱を出来る限り残し、不便なところを直しましょう!」と提案させていただき、改修(減築)することに決められたとのことだったそうです。

改修後は、「部屋が明るくなり、風も通るようになった」と話して下さいました。

04.jpg


「日本の民家を次代へ引き継ぐ」
幾世代にもわたり風雪に耐えてきた日本の民家が、経済・社会構造や生活様式の変化のなかで取り壊され、失われようとしています。
伝統的な日本の民家は、地元に育った木と地域の人々の技術で造られた住いであり、「日本の住文化」の結晶といえます。
・・・JMRAより

01.jpg

02.jpg

03.jpg


ご協力くださったO様、本当にありがとうございました!