働く木造船「みかん船」

先日、雑誌「せとうち暮らし」さんで連載していただいている「船大工探訪」の取材に同行してまいりました。

160223せとうち05.jpg


家大工が船大工を訪ねる旅。
舞台は中島という愛媛県の沖に浮かぶ島。現役で働く木造みかん船を訪ねます。

この船を作ったのは第二回の船大工探訪でインタビューさせていただいた加瀬野久志さんのお父さま。
今回は久志さんも取材に同行していただきました。

松山市「中島汽船」に乗って、いざ出港!

160223せとうち01.jpg



「中島汽船」のフォントがかわいいです。
「島」はいかり、「船」の丸は浮輪かな?

160223せとうち02.jpg



同じ瀬戸内海でも、香川の海とは印象が違いました。
島と島が近く、小さくてかわいい島もたくさんありました。

160223せとうち04.jpg

160223せとうち03.jpg



フェリーの中でライターさんやカメラマンさんと打合せしていると、加瀬野さんが目的のみかん船を発見!
こんなに遠くてもしっかりと分かるなんて!(*^^*)

160223せとうち06.jpg



中島に着くと同時に、みかん船もみかんをたくさん積んで帰ってきました。
荷降ろしは、船の中と外、クレーンやリフトなど、それぞれの連係プレーで素早く行われます。
こちらはクレーンの操作室。一畳もない!?

160223せとうち07.jpg



このクレーンにひっかけて、ミカンを船から外へ、船から外へ…

160223せとうち08.jpg



船の中にはミカンがいっぱい!

160223せとうち09.jpg



すぐ隣の集荷場です。

160223せとうち10.jpg



見渡す限りのミカン!

160223せとうち13.jpg



カラフルだったので思わず撮影。

160223せとうち12.jpg



仕事を終えたみかん船。

160223せとうち14.jpg



船長の濱松さん。
船との出合いなど、いろいろなお話を聞かせていただきました。
その内容は次回「せとうち暮らし」をお楽しみに!

160223せとうち11.jpg



中島の町を少し散歩。趣のある建物や路地がありました。

160223せとうち15.jpg

160223せとうち16.jpg

160223せとうち17.jpg



お昼ご飯は「瀬戸」さん。
港で働く人はみんなここへ来るそうです。

160223せとうち18.jpg


「鍋焼きうどん定食」に当たり前のようにみかんがついてきました\(^▽^)/
甘くておいしかったです。

160223せとうち19.jpg


取材の模様は、古木里庫のブログ「古木里庫じかん」でもご覧になれます。
こちらもぜひどうぞ。

濱松さんや加瀬野さんの言葉ひとつひとつに、船への愛情があふれています。
半世紀も大切に乗り継がれてきた木造船。
まだまだ元気に働く姿がたくましく感じました。

by sio