オリンピックの聖火が本社前を駆け抜けました!

4月17日の夕方。菅組の本社前を、聖火リレーの聖火が駆け抜けていきました。
この日菅組は、4半期に一度の全社会を各営業所をオンラインでつないで実施しており、終了後にちょうど聖火リレーが仁尾町を横断していきました。
会社の前の歩道には仁尾町民の方々や社員も駆け付け、大きな広告車両やパフォーマーたちに手を振り、町中が華やかな雰囲気になりました。沿道には多くのボランティアの方、警備にあたる方がいらっしゃり、このオリンピック&パラリンピックというイベントの大きさを感じます。
そして終盤に聖火を持ったランナーが登場。とても晴れやかな表情のランナーに皆が声援と拍手を贈りました。
この後父母ヶ浜では、「ちちぶの会」の会長さんが最終ランナーを努め、市内の中学生達と一緒に夕陽を背景にゴールしていました。この、一生に一度あるかないかの聖火リレーが、ここ三豊市の仁尾町を、本社前を走るなんて、数年前の誰が想像したでしょう。これもひとえに、ちちぶの会の皆さんの、ふるさとへの想いと努力の賜物であると、とても誇らしく思い、そして私たちもこの聖火のように、未来に繋げていかなければと思います。
とても貴重な体験をさせていただきました。参加された皆さん、準備や片付けなどイベントに関わった皆さんに感謝いたします。