【お寺の再生 #07】宮大工の仕事

宮大工の仕事現場より。

新しく生まれ変わるお寺の、本堂の桔木(はねぎ)の取り付け風景をお届けします。

◾桔木(はねぎ)・・・社寺建築の屋根勾配に沿って外側から小屋裏に深く差し込み、軒先の屋根の荷重を支える部材のことです。

今回の桔木は、57本!
隣町の山の谷あいに育った曲がり癖(アテ)のある香川県産檜(ひのき)です。

平均樹齢80年、最長10m、最大600㎏にもなります。

重量のある桔木を、軒先の茅負(かやおい)にホゾ穴に納めていきます。
何度も調整を重ねて、やっと57本の桔木を納めることができました。

宮大工たちが、力を振り絞って桔木を搬入している姿を、どうぞご覧ください。

※YouTubeで2021年6月1日の規約変更から、「収益化していないチャンネルの動画」にも広告が表示されるようになりました。そのため、広告が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。


私たちのつくる建築が
誰かの会いたくなる風景になるとうれしい
讃岐の風景をつくる・・・・
sugagumi