「水Do!(スイドゥ)」キャンペーンに参加

「水Do!(スイドゥ)」とは、ペットボトルなどの使い捨て飲料容器の使用を減らし、水道水の飲用、「水の域産域消」を推進することにより、環境負荷の低減と地域の水資源保全、人にやさしく潤いのあるまちづくりを促進するキャンペーンです。
2010年6月、国際環境NGO FoE Japanの活動としてスタートし、2014年より全国の多様な団体で構成する水Do!ネットワークにより運営しています。



香川県では「NPO法人 アーキペラゴ事務局」が主体となって活動を行っています。
この度、当社もこの運動に参加することとなりました。

この活動の内容≫
ペットボトルなど使い捨てプラスティックの削減に取り組むため、マイボトルの活用を推進しています。ただ、ジョギングなどスポーツをするときだけでなく、普通に生活していても朝に用意したお水やお茶が切れることもあります。また、赤ちゃんのミルクの補給や、「コーヒーじゃなくお湯が飲みたいんだよね」という声に応えるためにも「お湯」の補給ができるところがあると助かります。
そこで、マイボトル持参者がお水やお湯を補給できる「オアシスマップ」を作成されました。
この「オアシスマップ」に菅組の本社と各営業所(高松・丸亀・観音寺)、古木里庫も給水スポットととして追加されました。



誰もが気軽に利用できる水飲み場や、空になったマイボトルに給水、ドリンク提供をしてくれるお店や会社など「街のオアシス」を増やすことが、人にも地球にもやさしい潤いのあるまちづくりにつながります。

皆さんも、まずはマイボトルを持ち歩くことから始めてみませんか?