大工の仕事 ~和釘「合釘(あいくぎ)~

伝統的な和釘の一種「合釘(あいくぎ)」のご紹介です。

合釘は、縁甲板や端喰等の木材と木材の接合に使われることが多い釘です。社寺建築や茶室、数寄屋建築などで多く見かけられます。

木材の中の釘が錆びることで、より強度を増します。

今回ご紹介している合釘は、鍛冶職人さんが打った貴重なモノです。

どのように使うのかを、大工の棟梁が実践してくれました。
その様子をどうぞご覧ください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たちのつくる建築が
誰かの会いたくなる風景になるとうれしい
讃岐の風景をつくる・・・・
sugagumi

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・