杉板本実(ほんざね)型枠コンクリート工法

あののぉvol.42でコンクリート打設をご紹介させていただきました。

その現場のコンクリートの型枠は一部杉板を使用しています。
杉板本実型枠とはつまり、本実(ほんざね)のついた杉板をコンクリート型枠として、コンクリートの表面に杉木目が残るようにしたもの。 本実とは、一般のフローリングにはついている断面の凹凸です。


型枠を外す前

_DSC0358.JPG


_DSC0740.JPG


外した後

_DSC3067.JPG


左:杉板本実(ほんざね)型枠  右:コンクリート型枠

_DSC3074.JPG


あと少しで建物が完成します。
どのような姿をわたしたちに見せてくれるのか・・・。とても楽しみです。

by_USA